スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Gray Keys」




「Gray Keys」

ペルー出身の芸術家Carlo Vega氏による作品。
タイトルの通り灰色だけで色を一切使わず構成されている。
ただでさえ情報が限られるモーショングラフィックスでこれだけ幅広い表現ができるのか、と唸らされる一品。
スポンサーサイト

「Mecenator」



「Mecenator」

ロシアのモーショングラフィックスデザイナーAlex Mamontovによるショート・ムービー。
短いながらも魅力が詰まった良い作品に仕上がっています。
鮮やかな色合いと小気味良い画面の展開に注目です。

「AANAATT」



「AANAATT」

以前紹介した作品と同じく、ロンドンを中心として活動する映像作家Max Hattlerによるショート・フィルム。
実写素材をコマ撮りすることで表現されているモーショングラフィックスです。
空の映りこみや反射によって、独特な空気感が味わえます。

「RE:AX aka 」



「RE:AX aka 」

前回に続きWorld Peace Festival2011の出展作品。
非常にシンプルな図形を用いたモーショングラフィックスです。
音と色面の変化のみで多くを想像させられる、なんとも奥深い作品になっています。

「Vanishing Point」



「Vanishing Point」

四畳半神話体系のEDを手がけたことで知られる細金卓也氏によるミュージック・ビデオ。
テンポ良く移り変わるデザインが透明感のある音楽と合わさりなんとも心地よい映像となっています。
2年ほど前の作品ですが、流行や時代に囚われないモーショングラフィックスの良さを現した作品と言えるでしょう。
プロフィール

石松

Author:石松
いろいろ紹介しています。
不定期更新です。
主に海外のアニメーション作品が中心。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム
ちょっとした事など、何かあればこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。